2008よく聴いたランキング(10)

棒グラフの右側にいつまでもいつまでも空白があったのは、つまり、1位のアーティストの棒グラフだけが突き抜けて長かったという、そういう理由でございます。

いやはや、間に合って良かった。
締切に追われる漫画家の気持ちでした。




5位 BIGMAMA
出会いはSSTVでかかってた「cookie crumbles」。
そして1stアルバム「Love and Leave」を入手し、即、ライブ参戦を自分に誓いました。
まあボーカルの声はどっちかっていや、可愛い声じゃないかと思います。
図太いという形容では、全くないので。
爆音ギターに力強いドラム。

そしてその爆音の上を優雅に泳ぐエレキバイオリンに、してやられてください。

ただしライブは覚悟してください。
狭いハコではほぼ全域が、阿鼻叫喚の図と化します。



4位 安藤裕子
1srアルバム「middle tempo magic」を出した頃は、まだメンタルが安定してなくて、それ故の魅力が大きくあり、そこに惹かれてた自分がいたのは事実です。
Coccoに見ていた狂気に繋がるものがあったと思います。
もちろん(CDを超えてくる)ライブパフォーマンスだけでなく、アルバム自体としてもクオリティは高かったですが。

残念なことに、「魅力ある不安定さ」が、最近は払拭されました。
言い換えると、「普段は50点なのに120点取ったりする子」が「常に80点取れる優等生」になっちゃったみたいなものです。
それは逆に言うと、メジャーでの成功を約束された、なんていう言い方もできるのかもしれませんが、それはちと寂しい気もします・・


3位 チャットモンチー
こんだけ出世が早かったバンドも珍しくないですか。
出世=ハコが大きくなっていくスピード
と言い換えても良いでしょう。
あっという間に武道館ですからね。

まあでも彼女たちの場合、それも悪くないと思います。
売れてしかるべきバンドがたくさんいる中、彼女たちもその中の一つだと思ってましたから。
そしてそれが、技術でもコネでもない、バンドに一番重要なもので、認められたと思えるから。

それは即ち、初期衝動と情熱。


2位 the HANGOVERS
繊細で、内向的で、でも良い音出しててカッコいい。詩世界も良い。
今までのミニアルバム3枚を聴く限り、そんな、少年のようなロックミュージックだと思ってましたが・・
1stアルバムで、そのイメージが少し変わってしまいました。
フルアルバムを作るとなると、どうしても色んなタイプの楽曲を入れたいと思うあまり、余計なものまで詰め込みすぎてしまう。
そんなイメージを持ってしまいました。

とはいえ、これからも成長を見守り続けるバンドには変わりなく。

なので僕としては2ndミニアルバム「the HANGOVERS 供廚オススメ。
多分このランキングの殆どが気鉢兇鯆阿い寝鷽瑤里呂此
ホームページで何曲か試聴できます。



1位 ELLEGARDEN
楽曲、音、詩世界、人間性。
このバンドにはそれら全てがあると思ってます。
それ以上に言うことないっす。
彼らには。

またもう一度、ライブが見れることを期待して、待ち続けます。


では皆様、良いお年を!!

コメント
エルレも個人のソロが活発化してきましたね。
細身くんがソロとしてエルレとどう違いを出してくるか楽しみです。

ランキング、お疲れ様でした!!

  • りゅいこすた
  • 2009/01/09 2:45 PM
りゅいこすたさん
おー
追っかけてますねえ・・
個人的にはドラム高橋のblogが超面白いです。
腹抱えて笑ってます。

ねぎらいのお言葉どうもありがとうございます!
50位からやったのは失敗でした・・orz
  • fkm
  • 2009/01/13 5:00 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode