the HIATUS@横浜ベイホール

奇を衒って抽選申し込み先を横浜ベイホールにしてみたら運よく当たりました。
割とライブ行ってる方ですが、なぜかこのハコは初めてだったので勝手が分からない。



音響もまあ、中の中ってとこでしょうか。
左右に配置された四角柱がよろしくない影響を与えている気がします。



しかもTHE BACK HORNが始まってから対バンがあったことに気づく始末・・。

2ndアルバム「ANOMALY」の名がツアー名になっているとおり、このライブはアルバム発売日から1週間ほどしか経っておらず、本数でいうと一発目の千葉ルックの次。

つまり二本目。

これから数多くのライブ、夏フェスを経て曲達が磨かれていく、その第一歩。

だから今回はじっくりゆっくり聴きこもうと思ってライブに望みました。
細美くんの真向かいは、ノッポな兄ちゃんが多くて視界不良だったんですが・・





おや?







視界がひらけたぞ






Storm Racersの時点で、すでに知らない奴と肩組んで唄ってました。
帽子もなくなってるし。


まあ、あれですよ。
とにかく、我慢は体に悪いということです。
(どうせ外も雨降ってるしどうせ濡れるなら・・、という諦めが働いたことも否めない)

ベイホールって、PA卓までの間に、ひとつ段差があるんですね。
そこは、壇上の演奏者とほとんど目の高さが同じで、そこの先頭まで行っちゃったんですね。
そこは、もう遮るものが何もなくて、細美くんはじめ、バンドメンバーの楽しそうな顔がとても印象的だった。

やっぱりああいう姿を見てしまうと、もうじっくり聴いてるとかいう選択肢はないです。
残念ながら。

ただ、2ndアルバムの聴き込みがやはり足りず・・
もっともっと理解して、咀嚼して望まないと。ダメだ。

それというのも、歌詞カードをPDFにしてiPhoneに入れて持ち歩こうとしたら、スキャナーが読み込みに失敗しやがったのですね。

そういうこともあり、2ndアルバムの曲は消化不良。
9/24のZepp Tokyoにはこの「ANOMALY」の世界を自分なりに理解した上で望むのです。


このまま(アルバムが)出なくてもいいって言ったら変だけど・・
「今 起きていられる時間、作品に使える時間があるんだったら全て使えよ!」というペースのまま四ヶ月半も、本当に頭の中が空っぽになるまでやったんだというその事実は、何がどうなっても覆らないから。

SWITCH vol.28より



一週間ぽっちで理解しようなんておこがましいっしょ。


全身ずぶ濡れの帰り道、ドンキでパンツとTシャツ買って、着替えて、中華街でメシ食って良い一日でしたとさ。



<セットリスト>
1. The Ivy
2. Talking Reptiles
3. Storm Racers
4. My Own Worst Enemy
5. Monkeys
6. 紺碧の夜に
7. Walking Like A Man
8. Lone Train Running
9. Centipede
10.Doom
11.Antibiotic
12.The Flare
13.Silver Birch
14.ベテルギウスの灯
15.Insomnia

en1.Notes Of Remembrance
en2. 西門の味爽

en3.Ghost In The Rain


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 卓球がダサい理由
    アホ
  • テンピュール vs. トゥルースリーパー
    HAHU
  • 寄付タスク1:SHARP AQUOS 37インチ(LC-37DS5)
    fkm
  • 寄付タスク1:SHARP AQUOS 37インチ(LC-37DS5)
    ミケネコ
  • 美ら島日記 2009(2)
    竜士郎
  • andymori@日比谷野外大音楽堂
    ケイコとまなぶ
  • 音質健全化計画(14)EV FORCE-iも届いた
    fkm
  • 音質健全化計画(14)EV FORCE-iも届いた
    rogers
  • andymori@日比谷野外大音楽堂
    たくや
  • 音質健全化計画(10)E3c → SE530
    KGadd

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode