マンガブーム

嵐のように去っていきましたけども。
とにかく買ってきては貪り読んだ日々。
何だったんだというくらい読んでました。

まあ、常に読んではいますけど。

しかし
読んでも読んでも名作って出てくるもんですねえ。
圧巻は「進撃の巨人」



70億の針/多田乃伸明。
現在4巻刊行。頑張って2巻まで読んでみたが、これまでのところ内容に寄生獣を超える何物も存在しないように思う。続刊を買う気になれず。映像化したいことを前提に描かれているような画力であり、そこは素晴らしい技術と思うが、僕の評価はそこには向かない。

天顕祭/白井弓子。
上橋菜穂子に帯を書かせ、ポップには「もう一つのナウシカ」と書く。が、実際のところ、「提示する世界」のある獣の奏者やナウシカとは似て非なるもの。どちらかといえばまわりくどい恋愛もの。これには提示はなく「好きな人のためならエンヤコラ」のみ。残念。

ベイビーステップ13/勝木光。
装丁のダサさと画風で大いに損してる、とても上質のテニス版「おおきく振りかぶって」。魔球だとか必殺技だとか王子様だとか、そういうくだらない撒き餌のない、スポーツ技術向上ができてかつエンターテインメント性のあるマンガが増えてきて嬉しい。

少女ファイト7/日本橋ヨヲコ。
7巻まで我慢して読んで良かった。あの練のセリフのために7冊費やしてんだ、この人。ストーリーが陳腐だと思ってたけど、そうじゃなくてキャラ設定と伏線を際立たせるためだけにストーリーを使ってんだなあ。あと7巻は千石に嫉妬する巻です。

ブラッドハーレーの馬車/沙村広明。
画力といい、点と点を繋げてカタストロフに向かう表現方法といい、僕の中ではかなり高評価なんですが、残酷すぎてお薦めはできない。(トルナトーレの)マレーナとか、ダンサーインザダークを「あり」と思える方なら同じ感想を貰えると思います。

俺はまだ本気出してないだけ4/青野春秋。
帯にはおっさんコメディとある。7割方は確かにそうかもしれないが、ここまで魅力的な作品になっている理由は残り3割にある。ハッとさせられる程のリアリティと、多彩な登場人物が見せる行間。なーんか藤原伊織とか高村薫の匂いがするんだよな

シドニアの騎士3/弐瓶勉。
何故、主人公だけが光合成できないのか?何故、シドニア艦長は年を取らないままなのか?が解決される巻。兎に角ガウナの設定がいい味出してる。後発も後発な今この時世にこの内容を描くその自信に相応しい内容だと思いますけど・・世の中的にはどうなんだろ。

進撃の巨人2/諫山創。
寄生獣やベルセルクが身近な人(≒人類がハイエラルキーの頂点であることに些かも疑念がない人以外)は3巻が出るまで読まない方が良い。少年誌掲載ゆえに、作者が持つ(すでに着地点がある)プロットを世間や編集者に歪められないことを、ただただ祈るのみ。
遂に、下北沢ビレバンにも入荷してました。当然といえば当然か。岩明均が描く、寄生された人の眼も「何も宿ってなさ」が出ていて怖かったけど、このマンガに出てくる巨人たちの眼も、如実にそれが出ていて怖いですよ。ストーリーも怒涛すぎて謎を追うヒマがない。

LOST MAN8/草場道輝。
記憶喪失という手段で貴種流離譚に仕立て上げた本作は、サッカーを題材にしつつも、権謀術数を巡らせる部分をクローズアップさせて単純なスリルを楽しませる、表面的な作品になってしまっている気がする。ファンタジスタがとても好きだっただけに残念。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 卓球がダサい理由
    アホ
  • テンピュール vs. トゥルースリーパー
    HAHU
  • 寄付タスク1:SHARP AQUOS 37インチ(LC-37DS5)
    fkm
  • 寄付タスク1:SHARP AQUOS 37インチ(LC-37DS5)
    ミケネコ
  • 美ら島日記 2009(2)
    竜士郎
  • andymori@日比谷野外大音楽堂
    ケイコとまなぶ
  • 音質健全化計画(14)EV FORCE-iも届いた
    fkm
  • 音質健全化計画(14)EV FORCE-iも届いた
    rogers
  • andymori@日比谷野外大音楽堂
    たくや
  • 音質健全化計画(10)E3c → SE530
    KGadd

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode