ドイツ便り(第5号)ロッテルダム〜ケルン

どうも鼻水が出るなあ、風邪だったらイヤだなあ、と思っていたんですが、完全に花粉症の症状です。
どこの誰だこの野郎!
花粉症(イネ系)は治ってたのに!
サイテーだ・・
オランダで花粉症再発とは・・

アルクマールを出た後、「のどか」を絵に描いたような街ばっかりを電車が走ってたからでしょうか。
ハールレム経由で1時間強、ロッテルダムに着いた辺りで完全に発症。


中央駅前は工事中。
街並はアムスと比較すると小規模で、かつ、いかがわしい。
ロッテルダムが旅行本であまり紹介されてない訳がなんとなく分かりました。

ひとまずチェックイン。
(こう書くと簡単にホテルが見つかっている様に思われるが、毎回結構探し回っている。)

まずい。
受付のおねえちゃんかわいい・・
そのつっけんどんな態度がかわいい・・(愚)

シャワー浴びた後、しばし散策。
アルクマールに長居したため、あまりロッテルダムをうろついてるヒマがないが、ある意味、これで良かったように思われる。
(とはいえ、どれだけロッテルダムを把握できてるかは不明)

17時までにホテルに戻らねばならない。
こう、何か良さげなテイクアウト可能なお店を探してウロウロするが、どうも散策する通りを間違ったらしい。
調査不足丸出し。
WEST KRUISKADEという通りを往復するものの、人といい、店といい、いかがわしさ満点で若干怖い。
結局、ビールと鶏の丸焼き半分を10ユーロくらいで買って帰った。
二試合観るも、鼻が壊れてしまい全く集中できない。

就寝

朝ゴハンを食べた後、風呂入って、フェイエのユニ着てチェックアウト。

婆「あら、フェイエ好きなのね」
俺「僕、カイトが好きなんですよー」
婆「ん?カイトって何?」
俺「いや、ディレク・カイトですよ」
婆「カイト? あーこういう四角いやつのことね?」
俺「いやあの、フェイエの7番の選手ですよ・・」
婆「ああそうなのかい」

どう考えても人間の話をしていない婆さん。
ロッテルダムに住んでても、カイトを知らない人がいるのだ。


スケジュール的に往路は中央駅からタクシー・・(高)
運転手(黒人の大男)のくしゃみの度に車が蛇行する。

俺「ちょっと、大丈夫?」
運「いや、大丈夫じゃねえよ」
俺「アレルギーか何か?」
運「そうなんだよー」

やはり・・
俺の、これも花粉だ。絶対・・


雨のデカイプはデカかった。
別に雨降ってなくてもデカいけどもさ・・
昨日のアルクマールデルハウトに比べたら比較にならない。
流石フェイエノールト、ビッグクラブである。

それでもAZの方が格上なんだからAZってカッコイイ・・
で、やっぱり、当たり前っちゃあ当たり前なんですが、スタジアム内には入れずちょっと残念。
受付にいたオジイと目が合って、受付の建物までは入れてもらえた。


行きは20ユーロもかかったのに帰りは2.4ユーロ(トラム)で戻って来れた。
そしてトラムから見る景色から察するに、街の西側はそれほどいかがわしくないんじゃないかと思われる。
ただし行くヒマはない。17時までにケルンに戻らねばならないのだ・・
ICEにてケルンまで戻ってくる。2.5時間。
もはや乗車口付近でトランクに座るスタイルに慣れてしまった感がある。

またケルンに来てしまった・・
さすがに二回目ともなるとリラックスしている。

暑い。
暑い暑い。
オランダとドイツはこんなに気温差があるのか?

ケルンのホテルにて、パリに行ってたスズと再合流。
近況報告しながらイングランド戦を観戦。
冷蔵庫のビールを片っ端から空ける。
で、お互いの感想。

「かなうならオランダ延泊したかった・・」
「かなうならパリに延泊したかった・・」


何しにドイツ来てるんだ!?

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode