映画版ハチミツとクローバー

もうここまで来たら、ある意味、意地ですな・・
アニメ版がクソみたいな作品だったので、映画版もサクっと見て、西田尚美だけ見れればそれでいいや、あとはボロクソ書いてやろうと思い、行ってまいりました。

夜のイクスピアリはホント便利。
レイトショーは1000円で、空いてて、3h分の駐車券も貰えますしね。
1000円でもまっとうな対価ですからね。
きっちり批評させていただきますよ。はい。


以下、直接的ではありませんが、ある種ネタバレですので、内容を知りたくない方はご注意くださいね。









あのー、
(こきおろすためだけに)勢い込んで見に行った割に、悪くなかったんですよ。
観かたによっては。
あくまで、観かたによっては、です。

えーと、原作を読んだ上で、映画用に、いかにリコンパイル(再構築)しているか、という観かたをすれば、これはこれで楽しめます。
つまり、別モノであるという前提ですね。

ただ、原作を知らない人(予備知識のない人)がこれ観て映画として楽しいかっていうと、どうだろうなあ・・ちょっと無理があると思いますね。

アニメ版がクソアニメなのは、アニメ用に再構築するというプロセスを省いているからです。
単に原作のコマとコマを動画としてつなげているだけですので、そんなもの面白いわけがない。

でも映画は流石に実写ですからそういう訳にはいきません。
何より、ちゃんとした監督ならやって当たり前です。


まず、真山がダメ男に再構築。
そして森田が割と捕らえどころのある人間に再構築。
ある意味、時間内に収めるために、はぐと竹本との三角形を作るためだけの存在として再構築。

山田はそのまんまかな。

彼女、配役どうかと思ったんですが、良かったです。
ちゃんとこの映画の中での山田になってたように思います。
えーと、関めぐみさん、ね・・(チェック)。

時間内に収めるために、野宮とその一味がカット対象。
でもマリオとルイジはきっちり出してきます。

「これは削ってはいけない」
「この設定は変更してはいけない」
「ここは大きく変えていこう」

という、監督なりの判断が伺えたと思います。
削るとこは削って、設定変更するところは思い切って変更してしまう。
例えば、山田-真山-リカの三角形のカタチは多少、変えられています。
何せ真山がストーカーを強調したダメ男ですからね。

僕としては、リカを軽視しすぎてると思いました。
リカの体の具合とか、過去とか知った上で、真山が彼女を好きだ、という設定は変えて欲しくなかったなあ。


まあ、総合評価としては、
相当なハチクロ好きなら観てもいいんじゃないかな?
と思いました。

アニメほどヒドくありませんので。

関連する記事
コメント
  • cheapcars
  • 2007/07/18 6:06 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
今まで見た映画やレンタルのちょっと辛口?な、勝手な感想を聞いてやってください。価値観や環境が違っていても、映画を通じて多くの人と共感しあえたらと思います。感想も書き込んでいってね。
  • 映画好きの徒然なる日々
  • 2006/08/19 12:34 AM

200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 卓球がダサい理由
    アホ
  • テンピュール vs. トゥルースリーパー
    HAHU
  • 寄付タスク1:SHARP AQUOS 37インチ(LC-37DS5)
    fkm
  • 寄付タスク1:SHARP AQUOS 37インチ(LC-37DS5)
    ミケネコ
  • 美ら島日記 2009(2)
    竜士郎
  • andymori@日比谷野外大音楽堂
    ケイコとまなぶ
  • 音質健全化計画(14)EV FORCE-iも届いた
    fkm
  • 音質健全化計画(14)EV FORCE-iも届いた
    rogers
  • andymori@日比谷野外大音楽堂
    たくや
  • 音質健全化計画(10)E3c → SE530
    KGadd

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode