青空の休暇/辻仁成

おっ何だこれ、書き下ろしで文庫か!?
珍しいなあ

と思い、1秒でレジへ。
まあどうせ読んでない本がいっぱいあるから読むのはいつになるかわかんねえなあ、などと思いながら、買って帰ってきてパラパラとめくっていると。


この作品は二〇〇二年十二月小社より刊行された『愛と永遠の青い空』を改題したものです。


ん?
んんん?


↑うちの本棚

・・・。

どうしてくれるんやこれ・・

コメント
  • 928705
  • 2007/07/19 7:58 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
辻 仁成 青空の休暇 [要旨] 七十五歳になる周作は、真珠湾攻撃から五十年の節目に、戦友の早瀬、栗城とともにハワイへ向かった。終わらない青春を抱えて生きる男。その男を生涯愛しぬいた女の死。人生の輝かしい一瞬を求めて、男ははばたく。感動の長編小説
  • 乱読日記
  • 2006/12/11 8:59 PM

200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 卓球がダサい理由
    アホ
  • テンピュール vs. トゥルースリーパー
    HAHU
  • 寄付タスク1:SHARP AQUOS 37インチ(LC-37DS5)
    fkm
  • 寄付タスク1:SHARP AQUOS 37インチ(LC-37DS5)
    ミケネコ
  • 美ら島日記 2009(2)
    竜士郎
  • andymori@日比谷野外大音楽堂
    ケイコとまなぶ
  • 音質健全化計画(14)EV FORCE-iも届いた
    fkm
  • 音質健全化計画(14)EV FORCE-iも届いた
    rogers
  • andymori@日比谷野外大音楽堂
    たくや
  • 音質健全化計画(10)E3c → SE530
    KGadd

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode