君に届け3/椎名軽穂

前回は1〜2巻の感想を書きましたが、タイムリーなことに、つい最近3巻が発売されました。

告白すると、発売日に買いました(恥)。
しかし、長いこと書かずにほったらかしていたのは、興味が薄れてしまった証・・

だってー
3巻にしてすでに単なる恋愛マンガになってるんだもんよー

なんていうか、マンガを始めるにあたって作者が貯めていたアイデアが尽きたってところでしょうかね。
すなわち、「出る杭」になるためのアイデア。
それが2巻で尽きてしまったと。

早いなそれ!

ハチクロとかBANANA FISH、NANAのように、全体を覆う世界観みたいなものはないのですよ。
だからその場その場のアイデア勝負。ラブ★コンも、そう。
だから体育祭だとか修学旅行だとか、イベントを用意せざるを得ない。
アイデアがなくなると、しょうがなく恋愛に行かざるを得ない。
少女マンガだから。

このマンガの面白かったところは、爽子と風早の恋愛部分「ではない」わけですよ。
そこって一応、2巻で完結を見てるわけですね。
それが、3巻からその恋愛部分「だけ」になりつつあるというわけです。
このまま埋もれてしまわない「何か」が必要だと思いますよ。
一応、次巻くらいまでは買いますけどね・・


それでも矢野ちんは好き・・
矢野ちんはねー、大学生と付き合ってるんだよー
くそー

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode