つばき@代官山UNIT

いやー
いやー

何なんでしょう、このライブの良さは!

名刺だけ見て、その人の人となりは分からないように、CDだけ聴いてそのバンドの良さは分からない
ということを痛切に感じたライブでした。

「このままアンコール見てたらアーセナル×リバプールの生放送の最初が観れなくなるけど、まあ仕方ない・・」

と僕が思ったくらいです。
(この僕にとってこのサッカーの試合を少しでも逃がすというのは、まあ、まずありえないことだと思って頂ければよいです。)

出掛ける前までの期待度が低すぎたということもあるでしょう。
予想を遥かに超えてよかったです。

ずっとCDは買っていたのです。
「夜と朝の隙間に」の頃から。
2003/04/09に買ってますから、付き合いはかれこれ5年になりますか。
この頃は大体レミオと同じくらいの知名度で。
今ほどライブに行ってなかったことが、気づかせるのを遅らせた要因でしょうね。
なんて勿体無いことをしていたんだろうと、今更ながらに思います。


この時のライブがDVD化されるらしいんですよ。
でもね、この時のライブをDVDで見てもね、伝わらないと思うんですよ。
あのライブという空間における彼らのカッコよさがね。

とにかくみんな上手い。
なんつうか、僕がよく言ってるところの、いわゆる「CD越え」なライブです。
ギターが上手いとかボーカルが上手いとか、そういう単品の上手さじゃなくて、バンドとしてライブが上手い。
ソネさんて方がサポートギターとして入ってました。


うーん・・
本編最後の「悲しみの中からはじめよう」はもう、特にカッコよかったなあ・・
アンコール聴きたくないくらい、そこで終わって欲しいくらいカッコよかった。

強いて難を言えば、演奏中に映し出されていた映像。
すべてがカタストロフを暗示させるような加工のしかたで、どれもこれも楽曲には合ってなかった気がしますよ・・


<セットリスト(みんなこれでプレイリスト作れっ)>
01.瞬き
02.ブラウンシュガーヘア
03.青
04.亡霊ダンス
05.GOBUTAMA
06.スタイル
07.タブレット
08.さよなら、嘘つきな二人
09.花火
10.青い月
11.coffee
12.サヨナラ
13.ボーダレス
14.覚めた生活
15.Money&Honey
16.真夜中3時の商店街
17.昨日の風
18.悲しみの中からはじめよう

en1.バタフライ
en2.君のヒゲ
en3.羽の在処
en4.over
en5.今日も明日も

en6.冬の話

コメント
ここまで絶賛されると
聞かざるを得ません(笑)

覚醒ワールドと向こう側はもってますが
ほとんど聞いてませんでした。
  • りゅいこすた
  • 2008/04/08 11:32 AM
りゅいこすたさん
いや、つばきに関して言えば、CDがぱっとしない(言っちゃった・・)のは僕も同感です
って勝手に同志にしちゃってますけど、聞いてなかったってのはつまるところそういうことじゃないですか?
でも一回ライブで聴くと、ライブの音源に変換されて脳内で鳴るんですよね。
なので、つばきは是非ライブで。
  • fkm
  • 2008/04/08 7:03 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode