音質健全化計画(5)ケーブルの役割とは

最近、こんなにblogが更新できているのには訳があります。
今ヨーロッパではサッカーがオフシーズンだからです・・寂


ベルデン
バイタル
モガミ
カナレ


なんだか製薬会社の名前みたいですね・・
が、これらは録音スタジオで使用されているオーディオケーブルを作っている会社名だそうです※。
最近調べるまで、一社たりとも知りませんでした。
知っていたのはオルトフォンとか、オヤイデ、オーディオテクニカ、モンスターケーブルとか。

※実際にどこのスタジオで、どのメーカーのケーブルが使われているかを調べた訳ではありません。あくまで伝聞です。よってこの時点で僕が間違っていた場合、ここ以降書かれていることは全て嘘っぱちです。悪しからずご了承ください・・

なぜ、一般に使われるオーディオケーブルと、プロが使っているケーブルとか違うんでしょう?

自動車業界なんかが一番分かり易いので例に出しますが、F1なんかで培われた技術
が、時間を経て量産されて一般に普及していく、というピラミッド形式が普通なはずです。
セミオートマとか、エンジンオイルとか、ABSとか・・

色々調べていると、オーディオ界の音質追求って、アナログ(レコード)の時代から試行錯誤が(企業レベルで)繰り返されていて、ある時期に既にピークを迎えていたようなのです。

そしてその後のデジタル化の波。つまりCDプレーヤーの登場です。

そうすると、今度は「デジタルは劣化しないからアナログより凄い」と思っちゃうわけですから、新たなアイテムが必要になるのじゃないかと。
多分、そういう風に思っちゃったんでしょう。

売る側も、買う側も。

どうもその辺で「おかしな方向」に進んじゃったらしいんですよね。
デジタル専用の、なんか、良い具合のケーブルなんかも要るんじゃないかって。

で、いまだにデジタルは劣化しないと思われている。
CDプレーヤーは、CDに含まれている、そのままの音を出せていると思われている。
価格が高いほど、100%に近付くと思われている。

SACDプレーヤーは聴いたことないので分かりませんが、少なくとも、CDプレーヤーより、PCから圧縮なし音源を聴く方がよっぽど良い音です。
それは僕の環境においては確実なことなわけです。


最近、こういう、音に関する色んな試みをやってみて思うこと。

それは、僕がCDを買ったアーティストたちは、一体どういう音で聴いて欲しいと思っているのか、ということです。

逆にいうと、どうやって録音していたのか、ということです。
良い音で届けたいと思っている人たちが、悪い機材を使うわけないです。
(最近はCD買うたびに、録音したスタジオがどこかをチェックしてます・・)


一例ですが、山下達郎さんは、CCCD全盛期ですら「音が悪くなるという」ただそれだけの理由で一切のCCCD採用を拒否しています(凄い!)。


で、そういう環境で使われている機材たちこそ、極力、「欠落を防ぐための機材」なのではないかと思うわけです。(=プロ用)

新鮮な魚があったとして、それをどう調理するかという話にも似ていると思います。

もう、とりあえず焼いて塩ふって食え!
という、素材重視の食べ方。

あるいは、

贅を凝らしてものすごい調味料や味付けをおこなって食べていただきます!
という、調理重視の食べ方。


別にどっちでも良いと思うんですけど、(多少の性質の違いはあれ)本来の音をそのままの形で出そうとしている線材と、聴く側が「良い音だと思えるように」加工して出そうとしている線材。

(ここで重要なことは、「良い音だと思えるように」加工した音は、本当に音が良くなっているわけではないということです。「そう聴こえるように」調味料がふりかけられているということです)


で、元の素材のまま届けよう(極力欠落を防ごう)としているケーブルが、冒頭のようなメーカーから出ているわけです。
それらは、デジタル出現以前から、線材メーカーとして名を馳せていたところばかり。


聴く側は、届けられた音を、どう聴いても良い訳です。
とりあえず「良く聴こえる」ように聞きたい訳です。
でも、「良く聴こえること」と、「元の音のまま聴こえること」は、調理の例のとおり、意味が違うわけです。
ここで勘違いが起こってしまうのですね。


ぶっちゃけ、バカらしくなります。

結局、僕はモンスターケーブルと言われている商品を、1600円/1mで買いました。
更にベルデンは600円/1m前後、カナレで300円/1m前後でした。

この三種類のスピーカーケーブルを買い揃えて(呆)、音を聴き比べて、今は最も良かったものを使っています。
聴き比べ結果については音質健全化計画(7)で書こうと思います。


自分の好きなアーティストが、頑張って頑張って、パッケージして届けてくれた音。

その音を、限りなく「元の音のまま」=「アーティストが届けようとしている音のまま」聞こうとする努力を、聴く側がしてみるってことも、ある程度必要なんじゃないかなあと思う、今日この頃でした。

音質健全化計画(4)綺麗な電流

さて。

「僕んちの音質健全化」=「いかに元の音源のままの音を出すか」

であることを、前回書きました。

その手段の一つ「PCへの圧縮なし取り込み」で効果が出て気を良くしたわたくし。
全ては「いかに欠落を抑えるか」です。

圧縮なしの取り込みも、「圧縮されないことで欠落を抑えることができた」結果でしたが、今度はもっと物理機器側のところを攻めてみました。
頑張れば安価で抑えられる工事です。


工事!?


はい。
アース工事です。

つまり、物理機器で使われる電流を綺麗にしよう、という発想です。
あんまりピンときませんでしたが、「使われる電気が綺麗になる」=「欠落も抑えられる」ということのようです。
まあ、音が全てなので、試してみて良くなれば、理屈はどうでもよいです。

日本の壁コンセントって、穴が二つじゃないですか。
でもたまに穴が三つのやつ、見たことないですか?



これ、アース引くための穴なんですよ。
アースとは何ぞやってのは・・かなり物理学でウザいので飛ばしましょう。
「使う電気をキレイにする系の作業」と思ってください。

それよりも、これが音質健全化のために重要なアイテムなんでした。
眉唾でしたが。
結果的に。
試した僕が言うんだから間違いないです。
(とはいえ、僕んちの環境に限定で、かなり変わったということです)

まず、写真のやつを買ってきます。
ホームセンターで500円くらいです。

で、ここからが勝負なんですが、工事屋のおっさんを呼ぶと7000円ほどかかります。
ここで大体の人は値段的に脱落でしょうね・・
そんな払ってまでするこたぁない、と思いますよね。

でも、近くにエアコン用の壁コンセントがある方はちょっと確認してみてください。
アース線を差す部分があったりしませんか?



だとしたらしめたもの。
そこからアース線(これは買う必要あり)引っ張ってきて、写真のコンセントに替えちゃえば良いのです。
(ただ、線がだらーっと延びるのでダサいです・・そこは我慢・・)

うーん・・


ちょっと敷居高いよなあ・・
と自分でも書いてて思いますが、これは凄い変化あります!
圧縮なし取り込みと、大体同じくらいの衝撃を受けました。
アースついてないものから、ついてるものへ交換しただけで、激しく音が変わります。

アンプもそうですが、特にPCのアース化。

アース前にも圧縮なし取り込みをしてましたが、ためしに、アース後にもう一回、圧縮なし取り込みをして、データを上書きしてみました。
これだけでも、もう、音が違います。
同じやり方で、圧縮なしで取り込んだだけなんですが、何か違うんですよ。鳴り方が。

このテストのために、どれだけ同じ曲を繰り返し聴いたか・・
矢野真紀の「窓」ですが、さすがに飽きが来ました・・

気のせいじゃないの?と言われればそれまでですが、取り込みなおすのは、なんせ無料ですから。
暗示だって何だって、良くなった(欠落が減った)と思えればそれでよいのです。


今なら、エルレのどのギター音がウブで、どのギターが細美くんか、はっきり分かります。ごっちゃになってたのがきちんと分かれました。

今なら、こきたないノイズでしかなかったハイハットが、ちゃんとハイハットとして鳴っています。


こりゃ、うちのクルマにも早くホットアース(買ってから繋げてないまま放置されてる)をつけてあげないとなあ、と思いました。


あと、アース化とペアで語られることに、メッキされている金具によっても音が変えられているという話もあります。
皆さんがイメージする電源コンセントって銀色ですよね。
あれ、メッキされてるんです。
アースによってノイズが減るとメッキのせいで音が硬く聴こえる、というような・・
だから非メッキのもので繋げることで、素の音に近づけるというんですが・・
ま、効果のほどは、「試した人だけが分かる」というものです。


(ちなみにうちの結果は、アース化とこの非メッキ化とのペア効果によるものです)


以下は参考程度に読んでみてください。

普通の自宅環境で使われている電源タップ、プラグのほとんどは、普通、銀色のメッキです。
ニッケルですね、そのメッキが、何十個も合わさった音を我々は当たり前のように聞いています。
具体的にメッキの数を数えてみます。
電源タップ内のメスプラグ、電源ケーブルのオスプラグ×2、コンピューターのメス、オーディオインターフェイスのメス、バランスケーブルのオス×2、卓のメス×2、アンプまでのケーブルオス×2、アンプのメス×2・・・・

つまり最終的に、ほとんどメッキの音を聞いてる状態です。
とても硬い音に変わっています。
それでも音楽が聞けるのは、それほど硬くしないと合わないくらい、電源ノイズによって高域が濁り落ちているとも言えます。
何らかの方法で電源ノイズを減らすと、硬くて聞いていられなくなります。

ここに、銅色のメッキレスプラグを入れると、メッキが作っていた高域のゆがみが取れ、多くの場合、元々はもっとふくよかで、リッチな音だった事が分かると思います。


(またもや「サウンドクリエーターの館」より抜粋)


あと、噂では200V工事をした上で、整流した電気を機器に流してあげると更に良くなるとのことですが、さすがにこれには僕もひいてます・・
(でも実はやってみたい)

音質健全化計画(3)デジタルは欠落する?

今回、アース工事の話を書こうと思っていましたが、ネットサーフィンによる勉強の結果、音質改善について私が知りえた事を先にここに書き留めておこうと思います。

なお、以下に書くことは

・私が読んで「信憑性」の高いと感じた記事たちを選択し
・それらを私の価値観やニュアンスでもって書き直した

ものです。
信じるか信じないかは読んだ貴方次第です。

そもそもこの話を一番に書くべきだったのですね・・


-----

何か文章が堅っ苦しくて既にイヤなんですが・・
まずは、

「デジタルは劣化する」

はい、これ、Yesでしょうか。Noでしょうか。
Noっぽいように思えますが、僕はYesだと思います。

ちょっと引用してみましょう。

試しに、お手持ちのオーディオインターフェイスで、デジタルアウトから、何も経由せず、デジタルインに直で戻して、録音して下さい。
その録音した音を、さらにもう一度デジタル経由で外に出して、また入れて、録音して下さい。
そして、元のオーディオデータと、比較してみて下さい。

一度もアナログに変換されていませんので、本当にデジタルは音が劣化しないのであれば、何回それを繰り返しても、元のオーディオデータと、全く同じ音が鳴るはずです。

でも、結果はそうなりません。

「サウンドクリエーターの館」より抜粋)


これは信憑性ありますね。
科学的にはどうでもいいんですが、色んな理由で転送に失敗してるんでしょう。
例えばTCP(※)みたく再送制御(=エラー訂正)機能でも使ってない限り、元の状態には復活できていないわけです。
結局、デジタルでも「何か」を経由するたびに欠落が増えていくということです。
「何か」とは、ケーブルや基盤、CDプレーヤーといったハードウェアだったりだったりiTunesのようなソフトウェアだったり、です。


※パソコンでやりとりされてるデータは、欠落があってはいけないのでTCPという規格で送受信されてます。欠落があったら補ってます(欠落したらデータを再送します)
ちなみに再送しない規格もあります



「マスターCD」みたいな金色の初期盤がありますね。
これみよがしに大手のレコード会社に飾られているやつ。
仮に、これには100の音が録音できているとしましょう。
それと、市販用にプレスされたCDとでは、きっと音は違うのでしょう。
多分この時点ですでに100ではないと思います。

更にそれがCDプレーヤーのところでかなり減り、
アンプまでのケーブルを通るときに減り、
アンプで減り、
更にスピーカーまでのケーブルで減って、
やっとスピーカーまで辿り着くわけです。


で、CDプレーヤーというのは、その欠落の度合いが高く、うちのCDプレーヤーだとiTunes(圧縮なし音源)に負けてしまう(=iTunesより欠落が大きい、多い)事態が起きてます※。

※もう少し厳密に書くと

・CDプレーヤー → ケーブル → アンプ
・iTunes → サウンドボード → ケーブル → アンプ

の対決で、後者が勝ったということです。


結局、デジタルであろうとなかろうと、いや、あるいは下手するとアナログよりも、この欠落の度合いは高いのかもしれないです。
(なぜならアナログだとノイズだけで済んでるから)


ということで、CD(デジタルデータ)を起点とした音楽再生については、
「この欠落をいかに防ぐか」
が音質改善に繋がると。

こういう次第であります。


次回は、欠落を助長する「ノイズ」をいかに減らすかというお話です。

音質健全化計画(2)その音は圧縮されてます

これまでにパソコンに取り込んだCDの枚数を調べてみました。
600枚を超えてます・・
これらのCDを、一枚一枚、聴くたびにいちいちCDを入れ換える

これがどれだけ面倒かと。
これが面倒だからPC(iTunes)に移行したようなものです。

何か、良い方法はないだろうか・・
何か、PCのままCDプレーヤーと同等の音を出せないだろうか・・

探しました。
Web上を一生懸命、探しました。
こういうことなら一生懸命になれます。

しかし・・
そういう、自分にとってだけ都合の良い方法なんて、例えあったとしても胡散臭いものでしょう。
経験的に。
きっとまた何かしら購入することになるんだろうなあ・・諦
そして結局、暗示アイテム(気のせいレベルの変化)なんだろうなあ・・寂

などと思っていたのですが。
ありました。
無料で試せる方法が。

結構、盲点でした。

普通、誰もやらないことだからです。
すなわち。

圧縮なしでPCに取り込む」

という方法です。
「圧縮なし(wavかAIFF)」というところがミソですよ奥さん

何で誰もやらないかというと、サイズがメチャクチャでかくなるからです。
mp3とかAACとか聞いたことありませんか?
皆さん、多分、こういう規格(圧縮方式)でもって(無意識のうちに自動的に)PCに取り込んでいるはずです。

この「圧縮あり」の方法だと、1曲が大体5MBくらい?になります。
アルバムが10曲入りだとしたら50MB。
そんなもんです。
ただ、これは圧縮しているから、このサイズになるのです。

圧縮しないとどうなるか。
1曲が大体50MBになってアルバムだと500MBになります。
そりゃ誰もやりません・・

でもね!

PC(圧縮あり)<CDプレーヤー<PC(圧縮なし)

ですよ奥さん!
これにはぶったまげました。
もうPC(圧縮あり)には戻れない耳になってしまってます。

今まで聴こえてなかった、なんか奥のほうで鳴ってる音
ボーカルの息継ぎや舌使い

圧縮すると削られていた、そんな音たちが、復活します。
復活どころか、エラー訂正されて保管されていることで、CDプレーヤー越えですよ奥さん。

1枚で500〜600MBものサイズになってしまいますが、僕はこれからこの方法でCDを取り込みなおしていく所存です。
(これは面倒ですが避けては通れない・・)

多分ハードディスクは増設の必要がありますが、この素晴らしい音の前ではそんなことは大したことではないです。
(まあ、CD630枚×500MBは計算しない方向で)

奥さん、これは試してみる価値ありですよ。

先ずはお気に入りの1枚でよいので、ぜひ試してみてください。
なんせ無料でできますから。
できればボーカルだけとか、ライブ盤とか、ピアノ+ボーカルってのの方が違いが分かりやすいです。


そんで感想お待ちしてます。


(まだ続きます)

音質健全化計画(1)どうしたら音は良くなるのか?

つい最近、アンプ(※)を購入しました。
ついでに次の日にスピーカーまで購入しています(恥ずかしいのでまだblogに書いてません)。

※アンプは、アンプリファイヤーの略で、まあつまりはCDプレーヤーから来た音を増幅する装置です。
スピーカーから音が出ているということは、皆さんの環境にも必ずどこかにアンプなる機械があるということです。


これを機に、「如何に音を良くするか」ということに再チャレンジしています。
昔もやってましたがさすがに経済的に限界がありました。
別に今も裕福ではないですが、ゴハンとツナ缶にマヨネーズが晩メシで、インスタント味噌汁が付いたら豪華と思っていた頃ほど、ひどくもありません。

それはそれは、色んなものが出回っているものです。

例えばスピーカーケーブル(アンプとスピーカーを繋ぐケーブル)
例えば電源コード
例えばアース接地
例えばインシュレーター(アンプやスピーカーを置く台)


そういったものを、付属品ではないケーブルに付け替えたりすることで音が良くなる「らしい」のです。
その辺は眉唾ですが、世の中にはびっくりするくらい高価なケーブルが販売されています。
下手したら1mで2万円とか3万円とかです。
(ケーブルの価格は大体、メートル単位で切り売りのことが多いです)


事の発端は、久々にCDプレーヤーで音楽を聴いてみたことから始まりました。

最近は、もっぱらパソコン上で「iTunes」というソフトを使い、ステレオに繋いで音楽を聴いていたのですが、今回購入したアンプとスピーカーだと、PCよりもCDプレーヤーから聴く方が明らかに音がよい、ということに気付いてしまったのです。

これは困りました。
パソコンにはすでに何百枚分のCDが保管されています・・
今更、CDプレーヤーを使う(1枚聴いてはCDを入れ直す)生活に戻るのは苦痛です・・
でも、音は明らかにCDから聴く方が良い・・


しかし、この話にはまだ続きがあるのです。
ど素人の試行錯誤を楽しんでください。


まあ、ある意味「今週のお買い物(外伝)」のような感覚で書き留めておこうかなあと思ってます。


200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode