Serial TV drama@渋谷BOXX

2009/06/28 serial TV drama tour 2009 "そのライブ、目映いにつき”ツアーファイナル。


寝坊により開演から10分ほど遅刻したものの、開始には間に合った。

が・・満員過ぎてほぼ入り口付近での観戦。
確実に観客動員は増えている。


しかし・・


ギター新井くんのblogに、彼らの現在位置が見て取れる。


「自分のやりたい音楽」と「聴く人が望む音楽」


どちらを取るのか??
ということ。


ここで悩むと厳しい。

「音楽で生計を立てたい」というゴールなのか
「音楽は趣味で好きなことをやって、かつ生計は別の手段」というゴールなのか


どうしてもそこが先に立ってしまうからだ。



僕の個人的な問題は、いつまで経っても「gingerがベスト」と思っちゃうこと。
その僕の個人的な問題と、新井くんが今抱えている葛藤は、わりとリンクしているように思うのだが・・


今回はちょっと辛口ですみません。



<セットリスト(たぶん足りてない)>

1. THE DANCE
2. ガーネット
3. シーフード

アカシア
Yellow
ginger
Loop
ハッピーリパッキング
自由への讃歌
ぺイマニープリーズ
バンジー
まばゆい


en1.新曲(インド?)
en2.赤いパーカー

ストレイテナー@武道館

去年末のzeppの時にも引用しちゃったんですけどね
「牧の体に押されたわけではなかった」
「だが小暮はその場にしりもちをつきそうになるのをやっとのことでこらえた」
「牧は圧倒的に本物だった」


スラムダンク/井上雄彦

ほんと、これしか思いつかねーわ
この人たちの楽曲。演奏。歌。
クオリティ高いったらない。圧倒的に本物。

去年のひたちなかでもそう思ったし、これまた去年末のzeppでも同じ事が(つまり冒頭のスラムダンクの同じ台詞が)頭を過ぎりましたし。


フロントマン、ホリエくんを支えるドラムとベースが半端じゃない。
シンペイとひなっち。


この二人だけで満腹です。


って感じになれます。
圧倒的です。
あの半端じゃなさ加減を、言葉で説明するのは難しいな。

4人編成でのテナーは今回が二回目なんですが、正直なところ、大山くんが上手く噛み合ってる曲と噛み合ってない曲があったことは否めない。

ただそんなことは、ささいなことだと言える。
それくらいに完成度の高いバンドだ。


武道館なんて、正直、椅子はあるわ、デカ過ぎるわでライブなんかで行くもんじゃない。
と思ってます。
多分これからもそう思うんですけど、例外ってのがやっぱりいるんです。



CD聴いてくれ、とも言えない。


何故ならCDでは彼らの素晴らしさがほとんど伝わってないからです。
正直5割も伝わらないと思う。
蝶の夢なんて5割以下だな。
ライブに行ってみれ、としか言えないなあ・・残念ながら。


爆音の上に、冷たく美しいピアノの旋律と声がマッチする様。
まさに鳥肌ものです。

あんなに轟音で鳴っているのに、「美しい」と思ってしまう。



二階席から、椅子のない一階アリーナを羨ましく見おろしていました。
どうやったらあそこのチケットがゲットできるのか、不思議でしょうがない。



the HIATUSの細美くんも見に来てたらしく、彼はアーティストとしての見地から、このライブに対するテナーみんなの精神面をべた褒めしてます。
よっぽどそういう目に見えない苦労ってのがあるんでしょうね・・


<セットリスト>
1.クラッシュ
2.Ark
3.Melodic Storm
4.Today
5.AFTER THE CALM
6.Play the Star Guitar
7.Stilt
8.Free
9.Discography
10.Lightening (映像あり)
11.奇跡の街
12.LIVES
13.蝶の夢
14.Black Hole
15.POSTMODERN
16.Killer Tune
17.Little Miss Weekend
18.Magic Blue Ban (映像あり)
19.ROCKSTEADY
20.TRAIN
21.SIX DAY WONDER
22.イノセント
23.ネクサス (リアルタイム映像あり)

en1.REMINDER
en2.Yes,sir

en3.MARCH

BIGMAMA@恵比寿LIQUIDROOM

悲しくなるくらい、アルバム以上。


ちょうど1年前にも同じ感想を書いていて、この時も、フロアに降りずに見ていたのでした。そういえば。

そう、今日もフロアに降りずに(つまり汗だくにならずに)見ていたのでした。


あのー

あそこ行っちゃうと、冷静に見れないのですね。
あそこ行っちゃうと、「明かりに群がる蛾」みたいに、何か一心不乱になっちゃう。
結局、曲を聴いているようでいて聴いていない自分がいたりします。
BIGMAMAでいうと、ひたちなかの時と、この前のシェルターがそうでした。


まあ、そういう経験があったので、今日はもう一度、冷静に見てみようということで、脇の立ち見テーブルで観戦してました。

やっぱり、ウズウズするんですよね。
あそこに行かなくて良いのかと・・。
でも今日はガマン。


BIGMAMA 2nd Album"Dowsing For The Future"
『ここ掘れワンワンツアー2009』ファイナル。


paper-craftで始まったんですが、その音が一瞬出た時点で、冒頭の感想。
今日のリキッドルームに1000人いたとして、その場にいた奴が


「BIGMAMAってバンドすげーよ!超かっこいいよ!」


って周りに言って回ったとして、周りの皆の聴く音が、CDだっつうところが凄く悔しい。



そうじゃないんだ・・
このバンドはそうじゃないんだって・・


アルバム出た瞬間、過去のライブを知ってる僕ですら


「あ、アルバム失敗したか・・」



と思っちゃったんですよね。
Love and Leaveが良すぎたから。


でもそうじゃない

そうじゃないんだみんな・・



<セットリスト(俺が自分で覚えてたと思うか?(反語))>
1. paper-craft
2. gum eraser
3. sleeping beauty
4. cpx
5. the game is over
6. chain
7. today
8. look at me
9. moo
10. pinocchio
11. make a booboo
12. my greatest treasure
13. mission 481
14. now you're not here
15. それは天使が長く勤まらない理由
16. we have no doubt
17. happy sunday
18. neverland
19. cinderella
20. dowsing for the future

EN1.新曲
EN2.the cookie crumble
EN3.little cloud

sleepy.ab@渋谷O-Nest

間々田優はインフルで延期になって参戦できず
Peridotsはチケ取ってたの忘れてダブルブッキングして参戦できず

俺もう次に入れたライブは何があっても絶対行くかんな!ということで、かなりムチャして望んだこのライブ。

ツアータイトルは「新譜録音経過報告行脚」
チケットは完売。



山内くん。
やっと名前覚えた。

彼がこのバンドの中心にいて。
それはステージ上の物理的な位置もだけれども、音楽的にも、実は中心にいる。

はからずも(いやはかってるのか)成山くんが彼のギターを形容して「パイプオルガン」と言ってましたが、そう、このバンドの楽曲でギターらしからぬ音を出し、幻想空間を醸し出しているのは、全て彼のES-355なのですね。

ずーっとギター何だろう何だろうと思って見ようとしてたんですが、彼、ずっと座ってるので、頭しか見えないのです。

でも最後、ギターを頭の上に掲げて。

あれ、かなり年季の入ったES-355・・のはず・・
やっぱかっちょええなあ・・



まあ彼だけが凄いわけじゃなくて、一番に耳に飛び込んでくるのはボーカルの声で。
これが成山くん。

あと今回は新曲ってことで披露した一曲では、ベースでもって幻想空間を醸し出す音作ってました。
(どの新曲だったかは覚えてません)


まあぶっちゃけ、何もかもが素晴らしいですよ。

最初、彼らを見たのが代官山UNITだったので、正直、音響面で今日はどうかなと思ってたのですが、何ら問題なかったです。





今見たら、このときすでにES-335じゃねえかって目撃してるじゃん俺・・
完璧忘れてた・・
しかも大体おんなじ事書いてんな・・

でも335じゃなくて355だと思われます。


これだけのライブができるのを、メジャー業界が知らないわけがないと思うんですが、どうなんでしょうか。

まあ、いずれにせよ、サインはもっとカッコよく書けるようになっといた方がいいと思うぞ・・





<セットリスト(まあムリだろうな・・)>

メリーゴーランド
雪中花
なんとなく
四季ウタカタ
inside
Spinal Cord
???(新曲)

ドレミ(新曲)
アクアリウム(新曲)

anomarokaris
sonar
遊泳スローモーション
メロディ
ねむろ

en1.24

en2.賛歌

LOVE@LIQUIDROOM

三日連続でライブ
二日連続でLIQUIDROOM

まあ、仕事が忙しくなければこんなに楽しいことはないですがね・・

彼女のライブは去年の3月に行ってるので、ちょうど1年前ですね。


当時のセットリストを見ると「新曲」って書かれてあるのが数曲ありますが、あの時すでに「オドレイ」をやっていたんじゃないかと思われます。
あと、「あなたを忘れるその前に」もやってた気がする。
MCで何かそれらしきことを言ってた気がする。

まあ僕の記憶力はこんなもんです。orz


やっぱり今日、確信したのは。
彼女の歌声が、バンド向きであること。
なんつったらいいのかなあ・・

たとえば、秦くんとか矢野真紀とか、ある種のアーティストには、
「バンドの音、邪魔!アコースティックてかむしろアカペラでお願い」
くらいの希望があるんですけど、ふっこちゃんにはそれほど思わないんです。

てかむしろバンドでいい

と思えてる。
この違いって何なんだろう・・


歌が上手くないから


とかいう理由では、決して、そうではないです。
めちゃくちゃ上手いっすよ。はっきりいって。

だから、そういう理由ではない、何かがあるんですよね


まあ、それが何なのかは、分かりません!


とにかく、かっちょいい!
最初出てきたときの髪型は、おい!初期のプリプリかよ!
と心の中でつっこみましたが。それでも。

MCでは、あんた!体の中におっさん飼ってるだろ!
と心の中でつっこみましたが、それでも。

正直、太ももにもやられてましたが(恥)。


ギターを掻き鳴らしながら(これまた上手)歌い続けるLOVEは、それはそれはカッコいいのでした。

あの、新しく買ったとかいう黒い十二弦ギター。
Takamineですよね。
Taylorにも見えたんですけど、Takamineだと思う。
十二弦ギターを、あんなにきちんと弾けるって、すげえ・・

つうかDon't be sorryをアルバムの収録どおりに弾いてた。
収録どおりに弾きながら歌ってた。
マジやべえ

あんまり気になったから調べてみたけど、オーダーメイドだなあれは。
12弦で、黒で、エレアコって、ないもの。Takamineで。
チューナーもついてたみたいだし。
そんなとこばっかり見てました。あと太もも。


・・・。


僕はやっぱりES-355が欲しいです。


えーと
特に、これも僕の傾向としてあるんですけど、打ち込みが主体の楽曲、特に今回で言えばBlue Finchですね。
これをバンドサウンドで聴かされると、もう、やられてしまうわけですね。
stack44でいうところのbless youですね。


<セットリスト(これまたムリ)>
Don't be sorry 〜 即興で?ライブ来てくれてありがとう的な歌
Blue Finch
Devil's cry
沈黙のスコーピオ
Baby and Teddy
過ちのサニー
Trigger
Look around
Life like a tree
ツリーを飾ろう(弾き語り)
MABATAKI
あなたを忘れるその前に

Sick and Tired
寛走の風(新曲)
素晴らしき日々
オドレイ
Confetti

en1. My name is LOVE



追伸
久々に酔っ払って書いてます。
ご容赦を

黒沢健一@LIQUIDROOM

すごい
こんだけライブ行ってて移転後のリキッドルームは今日が初でした。
まだ新宿の面影があったんですけど流石に今日でなくなりました。


フットサル後のライブ


これ辛いんすよね・・
前回もフットサル後にチャットモンチー行ったけどずっと壁にもたれてた経験があります。

あれがもう3年前か・・


で、今日も、もう行くか行くまいかギリギリまで悩んで、チャリンコで行くのはまずヤメにして、渋谷橋までタクっちゃいました。

やっぱ5250円っすからね。チケット。
金額的に、ゲストが誰か来んじゃねえかとちょっと期待してました。

開演時間の18時ちょうどくらいに到着。
予想を軽く上回る観客。
ここ初めて来たから、「満員状態」のレベルが分かんないですが、これはぱっと見、それです。
下のフロアまでたどり着けず、降りる階段あたりで観戦。


まあそんな高いとはいえない精神状態の中、ライブ開始。


正直、足が辛いのが先に立っちゃって「途中で帰ろうかな・・」
くらいのテンションだったんですけど・・


やっぱライブっていいよな


特にcurve509のカヴァーとか



うおー
lazy girlキターーーーーーーーー!!


俺も他の人もテンション最高潮
まあ、周りの年齢層も高いこともあって、会場のノリはいつもと違って大人な感じでしたが。


しかし、一番カッコ良かったのはアンコール1曲目のLIME LIGHT。
これもL-R時代の楽曲なんですけどね、当時とは全然違うんでやんの。
めちゃくちゃカッコ良かったなあ・・
何か、イントロが特にイカしてたぜ


そうそう、俺、どっかで黒沢健一の生歌聴いたことあるんだよなあ・・
何でだっけなあ
夢だったかなあ


と思い込んで数分


よくよく考えたら、遥か昔にL-Rのライブ行ったことあったんだった!
大阪の厚生年金会館!

ちょうどモモがいなくなった頃だった気がする
懐かしすぎて忘れてました


<セットリスト(多分ムリ)>

Grow
Maybe
Silencio
POP SONG
Do we do

Lazy Girl!!

Too Lonely To See

Rock'n Roll
CHEWING GUM

en1. LIME LIGHT
en2. Somewhere I can go


<セットリスト(自分の記憶力のなさを確認する用。まあまあか!?)>
01. NEW WAYS TO SEE THE WORLD
02. Feel it
03. Scene39
04. POP SONG
05. Silencio
06. Maybe
07. 方舟
08. Grow
09. SOUL KITCHEN
10. Rock'n Roll
11. TOO LONELY TO SEE
12. ALL I WANT IS YOU
13. 遠くまで
14. CHEWING GUM
15. プラスティック・ソング
16. LAZY GIRL
17. Do we do
18. LAND OF RICHES
EN
19. TILL YOU SEE ME THROUGH〜LIME LIGHT
20. Somewhere I can go

秦基博@武道館


ほんとは行くつもりなかったんす。
今年はアコースティックライブがあるの知ってたから。
あと最近平日ちょっと多忙でして・・


第一、武道館なんてこんなおっきいハコ、僕のポリシーに反してます。
でかすぎますよ。

2008年末の中野サンプラザですらおっきいですから。
2階席とかある時点でダメだなあ


とか何とか言いつつ、行ってきました。武道館。
アジカン以来か。

そして、横!
横すぎ!

秦くんの右頬しか見えませんでした。


でも、弾き語りだけで言えば、ああ、モノラルでも何とかなるなあと思って聴いてました。
それなりの音響だったと思います。

でもバンドサウンドになるとやっぱり左しか聴こえてない感があって残念

まあそれよりも何よりも、あの人の声ですかね。声ってか、歌。


本編最後が「朝が来る前に」という歌の弾き語りで終了だったんですが、この歌だけで十分来る価値があったと思いました。

すげーぞあの声は


その代わり来週の仕事が憂鬱で仕方ありません。


<セットリスト>
1. 僕らをつなぐもの(弾き語り)
2. 色彩
3. シンクロ
4. トレモロ
5. Baby,I miss you
6. Honey Trap
7. 虹が消えた日
8. 夕暮れのたもと
9. プール
10.Lily
11.赤が沈む
12.空中ブランコ
13.青い蝶
14.花咲きポプラ
15.キミ、メグル、ボク
16.鱗
17.フォーエバーソング
18.風景
19.朝が来る前に(弾き語り)

en1.最悪の日々
en2.新しい歌

スムルース@渋谷O-East

スムルースが3人編成となってからは、はじめて行くライブ。
ドラムにはサポートドラマーが入っており、ステージ上の雰囲気からはそれに慣れた感も伝わってくる。


たとえば、4人のうち、3人が抜けてしまったとしたら、それはもはや、元のバンドと同じとは言えないだろう。
では2人だったら?
半分が変わってしまったことになる。


・・という様に考えていくと、結局、1人変わっただけだっとしても、もう元のバンドとは言えないと思う。
特にこのスムルースというバンドは。

徳田憲治の作る詩世界を土台に、メンバーが色づけをする。
さらに彼らのライブにおいては、サポートするのは楽曲だけではなく、小物やMCなど多岐に渡る。

だから
あの4人が揃ってこそ、スムルースというバンドだったのだ、といまだに強く思う。




ライブとは生き物である、という意見には賛成で、そこに賛成をするのならば、楽曲だけではなく、やはりバンドメンバー全員の醸し出す人間性や空気、といったものまでひっくるめてが「ライブ」と言わざるを得ない

そう考えると、演奏中のダンスだとか、演奏中に流される映像だとか、あるいはMCなんかも含めて「ライブ」なのだと言うことになる。


そんなの当たり前じゃん
そうか当たり前か




だから、そういう意味で、幾度となく足を運んだ「あのスムルースのライブ」はもう見ることはできないのだと強く思わされた、そういうライブであった。


ただ、ただ一つ言わせてもらえるならば。
彼らの存在、その歌、それらはボクの心の盾であり続けているということ。


<セットリスト(思い出し中)>
無念無想3
LIFEイズ人生+
非常にイェイね
ボクチャーハン
ダイビング深海魚
冬色ガール
失恋温泉
ドミノ
カナメ詩
虹色の予感
盾と盾

友達ファミリーレストラン
よるをつないで

(記憶があやしいリスト)
スーパーカラフル
インストールラバー

秦基博@中野サンプラザ

2008年最後のライブが秦くん。
ファイナル二日目。つまりホントのファイナル。

そこは悪くない。
そこは悪くないんだが・・

中野サンプラザって、ホールなんだよなあ・・
確かに良いホールですよ。なんだかでっかいフィールドスピーカーみたいのついてるし。
でもデカ過ぎますぜ、ハコが・・。
やっぱ俺、AXの音響の方が好きだな。ハコの大きさ的にもZepp、AXで限界だなあ。

それというのも、中野サンプラザ×2回やってもSOLD OUTするくらいの人気が出てしまっているということなのですね・・。


ホールでしかも、このくらい満遍なく客層が入るとどうなるかっつうと、手拍子ですよ・・手拍子・・
手拍子嫌いなんですよねボク・・


まあそんな僕の勝手な思いは2009/05からの弾き語りツアーで晴らしてもらうこととして。


内容はと言えば、基本的には前回のライブと同じ感想。
まとめて言ってしまうと「あなたの声はバンド要らんだろ」というもの。

前回よりはボーカル域を強調したセッティングになっていた(と思われる)ので、聴いてられましたけども、やっぱりソロで弾き語って貰った方がぐっと来るものがありました。
そして前回同様、最も聴きたかった「生鱗」はバンド編成でした・・orz

ただ、今回は「ALRIGHT」という2ndアルバムのツアーです。
「新しい歌」という、かの曲がどれほどのものか、ちょっとだけ(ほんとにちょっとだけ)期待してたところ、なんと「バンド鱗」より良かったのですよね!

それが収穫といえば収穫。


でもどうせ、弾き語りの「新しい歌」の方がきっと良いと思うんだよなあ・・



ってしつこすぎますか。
そうですか。


<セットリスト(Mr.情報収集と呼んでくれ)>
01. キミ、メグル、ボク
02. シンクロ
03. Baby, I miss you
04. Honey Trap
05. ファソラシドレミ
06. 夜が明ける
07. 虹が消えた日
08. 休日(アコギ弾き語り)
09. 青 (アコギ弾き語り)
10. 赤が沈む
12. 夕暮れのたもと
13. 花咲きポプラ
14. バイバイじゃあね
15. 最悪の日々
16. 鱗
17. フォーエバーソング
18. 新しい歌

en1. 僕らをつなぐもの(アコギ弾き語り)
en2. 青い蝶
en3. 朝が来る前に




そういえばサポートのギターの人(ヤマモトタカシさん)と、キーボードの人(ヤマモトリュウジさん)が安藤裕子とかぶってる気がしました。
合ってますか。
そうですか。

ストレイテナー/木村カエラ@Zepp Tokyo

「牧の体に押されたわけではなかった」
「だが小暮はその場にしりもちをつきそうになるのをやっとのことでこらえた」
「牧は圧倒的に本物だった」


スラムダンク/井上雄彦




4人編成になって初めてのテナー参戦。
そしてホールばっかりで、ライブハウスで初めて見る木村カエラ。
(まあライブハウスっつってもZeppデカすぎるけど・・)

だけど今日もスーツ参戦だから、そんな初物尽くしだとしても、フロントエリア行けなくても後悔しない。


僕のために渋谷からかっとんでくれているタクシーの中で、そう自分に約束した。


無事15分前に到着し、後ろの方で開演を待つ。
そして19:05、メンバーの登場。



あれ

椅子の上に立ち上がって客を煽るドラマー
そんな奴シンペイしかいねえ

カエラのドラムをシンペイがやんの!?



と思ったら、ひなっちとカエラを見間違ってました。
カエラたんゴメンよ・・よりによってひなっちと見間違えてた・・


それくらい、「出番はカエラが先だ」という先入観に捕らわれていました。
そしたらテナーの出番が先だったなんて・・

で、演奏始まって3秒で自分への約束を破りました。
フロントエリアに突っ込んで行きたい衝動。そして、冒頭の小暮くんシーンを思い出した次第。


圧倒的に本物。


これまで幾多のライブに参戦していますが、やはり格が違う。
4人になったから。というよりもそれ以前からの「何か」でしょうね。きっと。
僕の中では。


こんだけやられると、もう、揺るがないですよ。
ライブバンドとしてのELLEGARDENとSTRAIGHTENERの2バンドは。
この両者、いずれもベクトルが違うんですよね。行き着く所が頂上ってところは同じなんですが、ルートが違う。
そこがかっこいいなあ・・
まあ、頂上って言っても僕の中の頂上ですけどね。
それだってすごいことだよ


<セットリスト from Natalie>
01.Black Hole
02.DISCOGRAPHY
03.SIX DAY WONDER
04.泳ぐ鳥
05.Dead Head Beat
06.ALIBI
07.BERSERKER TUNE
08.KILLER TUNE
09.Little Miss Weekend
10.MARCH
11.ETERNAL
12.Melodic Storm
13.TRAIN


そんな感想の後でカエラたんの感想書けないっす・・
どう考えても出番はテナーが後だろ。
何か、意図的に?シングルが多かったし。
一番最初にやったCIRCLEは、でも、かっこよかったな

you know you love me? さえやってくれたら、それだけで感想がくつがえるんだけどなあ・・
まだライブで一度もお目にかかれておりません。
+1ツアーに2回も行ってる人間としては、アンコールでJASPARとかもういいです(飽)

<セットリスト from Natalie>
01.Circle
02.マスタッシュ
03.BEAT
04.どこ
05.You
06.リルラ リルハ
07.STARs
08.1115
09.TREE CLIMBERS
10.Yellow
EN01.Jasper
EN02.Magic Music


200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 卓球がダサい理由
    アホ
  • テンピュール vs. トゥルースリーパー
    HAHU
  • 寄付タスク1:SHARP AQUOS 37インチ(LC-37DS5)
    fkm
  • 寄付タスク1:SHARP AQUOS 37インチ(LC-37DS5)
    ミケネコ
  • 美ら島日記 2009(2)
    竜士郎
  • andymori@日比谷野外大音楽堂
    ケイコとまなぶ
  • 音質健全化計画(14)EV FORCE-iも届いた
    fkm
  • 音質健全化計画(14)EV FORCE-iも届いた
    rogers
  • andymori@日比谷野外大音楽堂
    たくや
  • 音質健全化計画(10)E3c → SE530
    KGadd

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode